忍者ブログ
勝手きままに語ってみたい
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バッテリーネタです。はは。

今日、映画の主題歌「春の風」を聞きながら
(とても綺麗で優しい、良い曲です。)
昨日映画見て感じたコトをあれこれ考えてたわけですよ。
そんでひとつくっきり思ったコトがあるんですが

お父さんが巧の野球について、
弟の為に必死に続けてる野球、祈るような野球と言ってたんですが
それは・・・ちょっと・・・っていうか、まったくもってちがくねぇ?

映画見る限り。巧の野球は巧だけの野球であると思う。
そんでもって「何かを現すための手段」でもないと思うのね。
巧にとって野球は野球なだけであって、両親から愛情が十分もらえなかった
孤独を埋める道具でもなければ、寂しさから逃げる道具でもないんじゃないかと。
でもって「好きでやる」とかいうレベルでもない。
ただ単に「巧=野球」なんじゃないかと。

でも。「ボールを早く投げられる。誰にも負けない自分」という自分を持つことで
孤独に負けない自分でいられるんじゃないかな・・・とも思う。
親からの愛情が足りないと愛情が足りないと、
子供は愛情に飢えるか愛情に見切りをつけるもので。
巧は後者だったのではないかと。で、そんな子供が一人で立つために
自分自身に持たなくてはいけないいのが「自分の中で揺るがないもの」で
だからあんなにストイック。というか自分にも人にも厳しくて
同級生に「中途半端がいやだ」みたいな事を
ずばりと言い放てられるのではないかなぁとか。

そして最後。母親の応援に笑顔で答える巧がいましたが
そこはちょっと違うなーと思う。
正直、巧はお母さんの愛情を必要としてるとは思えないから
そこでお母さん受け入れるかー散々あんなコト言ってた
お母さんの応援を「いい」って方向でとられるかー  と疑問。
疑問ていうか「ちがくね?」みたいな。

お父さんの言葉は「家族をうまくまとめる為」の綺麗な言葉であり
お母さんの行動は「自分の黒い部分を見えなくする為」の綺麗な行動であり
どちらも巧の為か・・・っていったらちょっとちがくねー?とか。
ただ映画は「家族の物語」なので、そのお父さんの言葉に
「そうだったのね!」と涙し、お母さんの行動に
「お母さんが来てくれてよかったね!!」と涙する。
それはそれでうまくまとまっていていいんじゃないかと思う。

で、記事の前の方で巧のコト「孤独」って書きましたが
「孤独」って言葉はちょっと違う気がするんですよね・・・巧には。
「孤独」って「一人でいることを寂しい思っている」イメージがあるのですが
巧からはそういうのがカンジられないのですよねー。
「一人でいるコトを苦と思っていない」ってカンジでもない。
なんだろう。なんの言葉がこの子に合うんだろう。
上手い言葉が見つからないし、下手な言葉さえも見つからない。
それでもあえて書くとするならば。「自分は自分」
ってどうよ、それ(苦)

っていろいろ書きましたが、別に映画を否定しるわけではないので。
むしろがっつりはまったので。上映期間中にもう1回行きたいくらいに(苦笑)
本当にあれはあれで完成度高い作品になってると思うのね。
この週末の興行成績が2位。と大健闘したそうですが
これもっともっといろんな人に見てほしいなぁと思う。
なにを見てほしいか。っていうと特にこれといって
特に言葉見つからないのですが(←えー?)
とにもかくにも。良作なんで本当に。ぜひ観てください。
っと関係者でもない私が必死に訴えてみる(苦笑)

でもってこれから原作読みます。読んで自分がカンジた疑問に答えがほしい。
巧が愛情を必要としたのか。家族は巧にとってどれほどものものか。とか。
あと正直、映画で仲の深さをカンジられなかった
豪との関係もちゃんと知りたいな・・・と。
いやなんか映画の豪と巧ってそんなに深くわかりあったと思えないのよね・・・
巧が自分の心の内を話すだけで、豪への信頼度はわかったけど
「バッテリー」ってタイトルがつくくらいだからもっともっと
なんかあるんじゃないの・・・?って。っていうかあってほしいんだ。
って変な意味じゃなく。なんかもうちょっと行程?を知りたいなぁとか。

あーあと映画観て思ったコト。
巧はいろいろ背負っていて、お母さんが言った言葉とか
先輩にぼこぼこにされた時とかに「あぁまたこの子背負った」って悲しくなった。
お話の中の中学生なので、それを受け止めてましたが
普通あんなに強い中学生いないよー。とか。でも周りはきっと巧が涼しい顔してるから
ぽんぽんあの子に投げつけて平気だと思ってるんだ。と思った。それはとても悲しい。
でも巧には「悲しい」とかいう同情の言葉は似合わないんだよね・・・
しかしそんなに強い子なんているのか?とも思う。
それが巧です。と言われればそれまですが。

っと今日もんもんとしてたコトが書けてすっきーり☆
原作読む前に映画観た感想として書きたかったのよね。
原作読んだらまたいろいろ気持ち変わっていくと思うし。
ってなことで長々失礼しました。

拍手[0回]

PR
→ Comment
name title
url mail
comment                                  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
color pass
ぜひ原作を!
バッテリー。ぜひ原作を!私と奈央さんが夢中です(笑)
児童文学ってくくりでいいんかい、これ!って感じですけど(笑)
ナナミでございます。 URL 2007/03/13 02:38 編集
読みますとも!!
ってまだ豪と出会ったくらいで止まってますが(苦笑)
映画みた時いろいろ衝撃があって
児童文学恐るべし!ってカンジでしたよ。ま・じ・で!!
よし 2007/03/17 00:20 編集
→ Trackback
TrackbackURL
411  410  409  408  407  406  405  404  403  402  401 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[06/26 よし]
[06/13 花円円子]
[02/16 よし]
[02/13 花円円子]
[02/06 よし]
最新TB
(09/25)
(06/24)
プロフィール
HN:
よし
性別:
女性
職業:
パソコン使い
趣味:
いろいろ
自己紹介:
ヲタです。
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
Admin / Write
忍者ブログ [PR]